中央政策研究所 中央政策研究所 中央政策研究所
  
     link サイトマップ
     link お問い合わせ

アニマルズ119
 
space
調査・研究・政策提言
 
ヘルスケア・ビジネス研究プロジェクト
  現在、日本は超高齢化社会を迎えつつある中、医療保険・介護保険の財政的行き詰まりにより医療デフレ政策が加速しており、医療ベット群の削減と、施設・在宅医療への転換が推進されている。しかし、高齢者医療・介護サービスを受けるためのインフラやサービス整備が不十分な部分もあり、ベット群削減が医療難民・介護難民を大量に生み出していく可能性を含んでいる。

本研究所では、そのような超高齢化社会を迎える現代日本の医療・福祉制度が抱える問題点に関する調査・研究を経済学・社会学・経営学・会計学等の幅広い視点から行い、世界で最初に日本が超高齢化社会を迎える上での課題と戦略の提言を行うべくリサーチを進めている。

ヘルスケア・ビジネスとは
医療や介護サービスだけに留まらず、ユニバーサル住宅や医療機器や福祉器具あるいはフィットネスクラブなどの健康増進施設や温泉・スパ施設あるいは鍼灸マッサージなどの代替医療、 漢方中薬や医食同源などの飲食サービスなどが含まれる中で、今回は高齢者が自立した生活を送るために提供されるサービスに限定して、調査・研究を行う。

研究内容とその手法
@ 医療難民・介護難民対策としてのサービス付高齢者賃貸住宅は有効な手段か
A 独居老人対策として地域コミュニティの再生は地域支援コーディネーター養成か
B 自立したQOLの維持対策としての心身の健康管理とはメンタルタフネス養成か
C 退職後の生きがい対策としての経験ノウハウを伝えるセミナー講師集団の養成か
D 医療福祉機器等の海外市場開拓でヘルスケア・ビジネスは成長するのか


line

            一般社団法人 中央政策研究所             東京都千代田区永田町2-9-8-901 TEL:03-3581-5552 FAX: 03-3581-7030    
                                  名古屋支部    名古屋市中区丸の内2丁目19-25-9F TEL:052-253-5137 FAX: 052-253-5138    
Copyright. The National Policy Research Institute, All Rights Reserved.    
space
space space